健康な身体を作りあげるために必要なことは…「自分

健康な身体を作りあげるために必要なことは…「自分に最適なルーティン(日課)を始める要素」に他なりません。テレビやニュースなどマスメディアでチャレンジした現役要領(○○体操やダイエットに効果的な材料など)を普通に入れることはたぶん多くの人がする。ただし、大切なのはその要領をどんなに“ルーティン化”するか、に関して。いくら体によいとされる要素・ものであっても、短期的な行いではアッという間に以前の状態に戻ってしまうのは自明の理。わたし、何度もその失態を繰り返してきました。ある時、体の狂いをとりたい!としてテレビで見た狂い受け取り体操を実践しました。ただし、いくつかの体操を行わなければならないその体操、はじめウィークも経たないうちに「今日は疲れたから…」といった自分に言い訳を通じてやらないようになり、最終的には「どんな体操だったか思い出せない!」という状態に。料理に関しても「便秘に効く!」と聞いて、カカオの多いチョコレートをワンデイ二粒食べると言うだけのことでも、とあること買い忘れてそこから後任せず、なんてことも。人となりに与えられた時間は誰しも平等に一年中。とうにやるべき結果埋め尽くされているその時間に、どんなに初々しい日課を取り入れて出向くか。それが健康的な身体を作りあげる発端なのです。ではどうすればその発端が駆け抜け生み出せるか。依然としてわたし反省ばかりの連日で自信を持って言えるわけではないのですが、“ルーティン化”には3つのポジショニングがあると考えています。ほとんど最新のポイントは、言わずもがな「簡単である要素」。狂い受け取り体操のケースのように、難しかったり、やることがたくさんあるといった面倒くさく向かうのはあたりまえ。ただし前述した経路、わずか二粒のチョコレートを食する、という至高簡単な行動さえ達成することができなかった自身…。そこでますます大切な次のポイントは「瞬間が決まっている要素」。どのタイミングでその行動を行うか、はもちろんのこと、その行動を行うための設定(「チョコレートを買うこと」)もどのタイミングで行うか(「いつも午前立ち寄るコンビニで購入する」)も決められていることが重要です。ただし、そこまで決まっていてもなお継続することは至難の業。それはなぜか。それは内心を保つことが難しいから。現役に対する要領の多くが、アッという間に結局を得ることが辛く、成果が見えづらいものです。なので、はじめは順調にこなしていてもそのうちに「これは実にやった方がいいの?」「本来違う要素狙うのに…」という自分の怠け内といった戦わなくてはならなくなるのです。そこで三つ目のポイントは「ごほうびがある要素」だ。その行動をこなした先にアッという間に目に見える料金がある結果、そのためにがんばろう!といった内心を維持することができるのです。たとえば、前述のチョコレート。カカオ多目のチョコレートはフランク苦味が激しく、自身好みではなかった結果、それ自体がご褒美として得ません。そこで、こういうチョコレートを食べる時は「大好きなドラマの記録を見ながら」さらに「大好きな牛乳ティーもセットで」食べると決めれば、チョコレートを採り入れる要素への意欲が湧いて来る。ごほうび成果を上げるためにも、チョコなしではドラマも紅茶もタブー!って内面で課すことができればどんどん良いでしょう。健康な身体を決めるために必須な「現役日課のルーティン化」。それに必要な三つのポイントは①簡単である要素②瞬間が決まっている要素③ごほうびがある要素。このポイントを踏まえてトライしてみてはいかがでしょうか?私も断念していたチョコレート日課、今日からがんばってみます!40女がシミを取り除いた対策法!